セックスの時にペニスが切れる!その原因と対処法 / 第三弾 間違った知恵

この調査内容はあなたの持っている、下記の疑問を解決するためのものだ。

  • Yahoo!知恵袋の回答に『セックスをする度にペニス(ちんこ、ちんちん、陰茎)の皮(包皮)が切れるなら、お風呂で綺麗に洗って清潔にしておけば治る』という回答があったがほんとうか?

 

下記は実際に『セックスをする度にペニスが切れて悩んだ男性』の方からご投稿頂いた真実の口コミ体験談の第三弾ですです。

読者投稿型のQ&Aサイト

カンジダ性亀頭包皮炎は『自然治癒はしません

もしかあなたがセックスの時にペニス (ちんぽ、ちんちん、陰茎)の包皮が切れるのを悩み、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで悩みの解決方法を探した事があるなら、注意が必要です。

あなたは間違った認識を持ってしまっているかもしれません。

今すぐこの下の記事を読み進めて下さい。

 

あなたは悩み、迷い、ネット上を探しまわりYahoo!知恵袋にたどり着いた、、、。

前回の記事でも書きましたように、

『セックスで挿入した時にペニス(ちんこ、ちんちん、陰茎)の皮(包皮)が切れる、切傷、擦り傷、裂傷、あかぎれのようになり血が滲むこともある、、、。
またペニスの竿の部分がカサカサし、肌荒れのようになり、皮膚からフケのような白くて薄い皮が剥(む)ける、、、。
また風呂上がりなどペニス が湿気ているときは、垢のようなカスが出る、、、

という方はおそらくカンジダ性亀頭包皮炎です。

 

しかし、そうとは知らずに長年、この悩みを抱えておられる男性の方は多いと思います。

おそらく彼らは悩み、迷い、そしてネット上に解決を求め探し回った結果、Yahoo!知恵袋などのいわゆるQ&Aサイトにたどり着いた事でしょう。

そこにはあなたと同様の悩みを持った多くの男性からの投稿が、既に数多く投稿されており、

自分と同じ悩みを持った人がいることに安堵感を覚え、そしてそれらの悩みに対して多くの回答がある事に希望の活路を見出した事でしょう。

なぜ、そんなことがわかるかと言うと、私自身がそうだったからです。

 

私自身、カンジダ性亀頭包皮炎に罹(かか)り、自身で自分が今どう言う状況であるか全くわからなかった時に、あなたと同じようにネット上で情報を探し回りました。

「なぜ急にセックスをしたらちんぽが切れりるようになったんだ?」

「変な性病に罹(かか)ってしまったのかな?」

「どうやったら治るんだ?」

「もしかしたら、もう治らないのか?」

と、、、

本当に心の中は不安でいっぱいでした。

 

ネット上を検索し続け、この症状の病名や、原因、改善方法を探し回りました。

そしてたどり着いたのが『Yahoo!知恵袋』です。

その状況についてはこちらでも詳しく書いています。

 

ヤフー知恵袋はとても有益なサイトです。しかしそこには負の側面があることを忘れてはいけません

Yahoo!知恵袋については、おそらくネットを使う方であれば、ほとんどの方がご存知だとは思います。

Yahoo!知恵袋はいわゆる『読者投稿型のQ&A』サイトです。

何か悩みを持った方が、自身の悩み、人に相談したい内容を投稿し、その悩みの解決方法を知っている方が回答する、

簡単に言うと、そういう趣旨のサイトです。

 

このサイトに助けられたと言う方は沢山おられると思います。

私自身、過去にこのサイトには何度もお世話になりました。

本当に有益で素晴らしいサイトだと思います。

しかしこのサイトには『大きな負の側面』があります。

それは、

書かれてある内容が必ずしも正しいとは限らない』ということです。

 

ヤフー知恵袋の負の側面

これはYahoo!知恵袋だけに言える事ではありません。
OKWAVEや教えてgooなどのネット上の全ての読者投稿型のQ&Aサイトでも同様です。

これらQ&Aサイトでは、回答している人が素人なのか、あるいはその筋の専門家(プロ)なのかは外からは全く見分けが付きません。

回答内容によっては明らかに専門家の書いたような回答もあれば、素人の感想のような簡単な回答もあります。

またそれらの回答が本当に正しいかどうかはわかりません。

その回答内容が正しいかどうかは『読む人の判断に任せられている』のです。

 

それらの回答は、ど素人の回答も、専門家(プロ)の回答も同列に掲載されています。

つまりこのYahoo!知恵袋のようなQ&Aサイトでは、書かれてある内容が正しいかどうかはサイト側では一切検証されていません。

仮に間違った回答が書かれていて、読者がそれにより損害を被ったとしても、投稿者はもちろん、ヤフー側もその責任を取ることはしません。

 

簡単に言うとこれらの回答は『無責任極まりない発言』と言うことです。

 

しかし運営サイドのYahoo!から見ればこれほど楽な商売はありません。

通常、WEBサイトを運営するとなるとコンテンツとなる記事を作成する必要があります。

当然、記事の作成にはコスト(お金)がかかります。

しかしこのYahoo!知恵袋ではコンテンツ(記事作成)に一切コスト(お金)がかからないのです。

なんせ、ユーザーが勝手にコンテンツとなる質問や回答を書いてくれて、自社では何もコンテンツを作る必要は無いのですから。

 

もちろんヤフー側もベースとなるサイトの構築や日々の運営は必要でしょう。

しかしそれら基本的な事さえ押さえておけば、後はユーザが勝手にコンテンツをどんどん追加していってくれるのです。

コンテンツとなる記事は、一般のユーザーが全くの無報酬、ボランティアで作成してくれるのですから、サイト運営者としてはこれほど楽な事はありません。

 

運営するヤフー側も、全くの無報酬だと回答者のモチベーションが上がらないと考えたのでしょう。

質問者から『優れた回答者』として選ばれたら『知恵コイン』という『お金もどきのポイント』が得られるようにはなっています。

この知恵コインを貯めれば何か商品が購入できるのかと思いきやそう言うサービスは無いようです。

 

本当に単なる自己満足を刺激するためだけのポイントに過ぎないようなのです。

 

また回答者をランク付けして、評価の高い回答を沢山するとランキングが上がるような仕組みも取り入れています。

これもボランティアで回答記事を投稿していくれる方の、単に自己満足を刺激するための仕組みと言えるでしょう。

 

これらの仕組みのおかげもあってかYahoo!知恵袋は一円のお金もかけずに多くのコンテンツ(Q&A)を集め、当然そこから莫大な広告収入を上げているのでしょう。

 

同じ悩みを持ったユーザはいつの時代もいるわけですから、当然それらのQ&Aサイトには膨大なアクセスが集まります。

そこに広告を貼っておくだけでYahoo!自体は膨大な広告費を稼ぐことができるというわけです。

 

無責任な回答内容に翻弄される方が多くいる

もちろんその商売のやり方が悪いと言うわけではありません。

ただ最初にも書きました通り、『そこに書かれている内容が必ずしも正しいとは限らない』と言うことです。

そして問題はそれらの無責任な内容に翻弄される人が多くいるということです。

 

悩みの解決策について無知なユーザは、それらの自分が抱えているものと同じ『悩み』、『疑問・質問』に対して付けられた回答内容を見て、きっとおそらく多くの方はそこに書かれた内容を真に受けて信じるでしょう。

しかしそれらの内容が正しいと言う保証は一切無いのです。

 

前回書いた記事でご紹介した包茎クリニックの医師であれば、クリニックの名前も住所も、その医師自身の名前も明かした上で自分の意見を書いています。

なので書いてある内容について正しいかどうjかはわかりませんが、自分の言ったことを自分で責任を取る覚悟が出来ていると言えるでしょう。

 

それに対して、Yahoo!知恵袋のような、Q&Aサイトに投稿している回答者は一切の個人情報を明かしてはいません。

 

それを良いこと無責任極まりないことを好き勝手に書いている方も多いように思います。

パッと見いかにも暴言を吐いるような回答であれば、読む側としても無視したり軽く流し読みするなど、それ相応の態度でそれらの回答をあしらうこともできるでしょう。

しかし問題は、専門家でも無いくせに、いかにも専門家気取りで、回答している人たちです。

 

それらの回答を読むと、いかにも専門家らしい事が書かれています。

何も知らない素人が聞いたら「なるほど、確かにその通りだな」と思えるような、いかにもそれらしい事が書かれているのです。

しかしその回答者はもしかしたら、回答したその内容について『ど素人』かもしれません。

ど素人であれば「私はど素人ですがこの件については、個人的な感想として、これこれこう思います」と言うような書き方をするのであれば構いません。

しかし実際はど素人のくせにいかにも専門家ヅラして質問者に対しての回答やアドバイスを書く人がいます。

何も知らない第三者の立場から見れば、「きっとこの人はこの分野の専門家なんだな」と錯覚するような書き方をしたりするわけです。

 

おそらく本人もそれが気持ちいいのでしょう。

自分がいかにも専門家になったかのような錯覚に陥るのでしょう。

投稿された悩みに対して回答やアドバイスをする事により、相手から感謝の言葉をかけてもらうのが気持ちいいのでしょう。

 

また、知恵コインが増えたりランキングが上がるのが嬉しいのかもしれません。

それは分かりますよ。

でもね、専門家でも無いのに専門家ズラされて適当な事を書かれたら、その回答やアドバイスを読んだ人が真に受けて誤った認識を持つ人が出てきます。

なので本当に迷惑なんですよ。

 

藁(わら)にもすがる気持ちで。自身の悩みの解決方法を探している方なら、それらの回答やアドバイスがいかにももっともらしい内容であれば、おそらくその内容を鵜呑みにしてしまう可能性は高いでしょう。

そして間違った回答、アドバイスに従うことにより彼ら彼女らの状況はますます悪くなる、、、そういう危険性と裏腹なのがヤフー知恵袋のようなQ&Aサイトの負の側面であると言えるでしょう。

 

ペニス (ちんぽ、ちんちん、陰茎)をお風呂で綺麗に洗って清潔にしておけば自然治癒するという間違った知恵

話しを元に戻します。

私がカンジダ性亀頭包皮炎に罹(かか)っていた時、ネット上でその情報を探しまわり、やがてヤフー知恵袋にたどり着きました。

 

そして、私と同じ悩みを持つ多くの方が投稿した質問に対しても、様々な回答があることを知りました。

その中には思わず信じてしまいそうな、もっともらしい回答がありました。

それは

「ペニス (ちんぽ、ちんちん、陰茎)をお風呂で綺麗に洗って清潔にしておけば自然治癒する」

と言う内容の回答です。

 

そのような回答、アドバイスは複数人か書いていました。

「ペニス (ちんぽ、ちんちん、陰茎)をお風呂で綺麗に洗って清潔にしておけば自然治癒する」

なるほど確かに一見ごもっともな回答ですね。

 

ですが、実際にカンジダ性亀頭包皮炎を患(わずら)った私から言わせれば、それは明らかなに『間違い』なのです。

 

カンジダ性亀頭包皮炎の方がペニス をゴシゴシ洗いすぎると良くなるどころか、逆に『症状は悪化』します。

その辺りの理由にはついてはこちらに詳しく書いています。

 

しかし、何も知らない方であれば、ヤフー知恵袋に書かれたそれらの内容を真に受けて、実際にペニスを一生懸命ゴシゴシ洗うことでしょう。

そして症状が改善するどころかますます悪くなるのを見て、さらに深い悩みにハマると思います。

 

カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎は全く別のものです

これについては医者でも間違うことがあるそうです。

細菌性の亀頭包皮炎は『ばい菌が原因』によるものです。

ペニスにできた傷口から、ばい菌が入り炎症を起こす状態です。

 

それに対してカンジダ性亀頭包皮炎は、ペニスの包皮の部分にカンジダ菌と言う『カビが根を張り繁殖していることが原因』です。

全く違うんですよ。

確かにぱっと見、どちらもペニスが炎症しているような状況なので似ているのかもしれません。

しかし原因が全く違います。

なので対処方法も全く違ってくるわけです。

 

単なるばい菌による細菌性の亀頭包皮炎であれば、患部を石鹸で綺麗に洗って清潔を保ち、ステロイド系の抗生剤を使えば直すことも可能でしょう。(もちろん私は医者ではありません。素人考えで書いています。)

しかしカンジダ性の亀頭包皮炎は、それらのステロイド系の薬では全く効果は出ません。

カンジダ性の亀頭包皮炎を治すには抗真菌薬でなければ効果は出ません。

つまりカンジダと言うカビを殺す作用のある薬を塗らなければいけないと言うことです。

 

人間は体内に入った様々なウィルスや病原菌に対して免疫力を持っています。

人間は、人体に害のあるウィルスや病原菌が体内に入った場合、免疫機能が働き、それらを排除し健康体に戻ろうとする、いわゆる自然治癒力と言うものを持っています。

しかしカンジダ菌や似たようなカビの1種であるいんきんや水虫菌に対して、人間はこの自然治癒力を使って直すことができません。

 

残念ながら人間には身体に繁殖したカビを自らの自然治癒力だけで治す力を持っていないそうなのです。

 

ですのでカンジダ菌に感染した場合だけでなく、いんきんや水虫についても自然治癒すると言う事は無いと思います。

 

もちろんそれら菌類が生息し続けることができないような環境になれば、それらのカビ類を死滅させることをも可能かもしれません。

例えば極度にその部分を乾燥させるとかですね。

 

しかしカンジダ菌が繁殖するペニスの皮の部分については常時いくらかの湿気や温度を保っているのが普通です。

特にカンジダ性亀頭包皮炎の場合、仮性包茎の方が、罹(かか)りやすくなる傾向が強いです。

こちらのページにも書いていますが、理由は仮性包茎の方の場合、ペニスの皮の被った部分が常に湿気ている状態であり、空気にも触れず、常に体温で温められている状態、つまりカビが最も繁殖しやすい状態にあることが原因です。

 

つまりキレイに洗って放置しておくだけではカンジダ性亀頭包皮炎は治らないと言うことです。

話が長くなりましたが、まとめますと,

  • カンジダ性亀頭包皮炎と細菌性亀頭包皮炎は全く別のものである、ということ。
  • 医者でさえそのことを間違って診察する場合がある、ということ。
  • なので、Yahoo!知恵袋のようにど素人が書いた回答やアドバイスはデタラメだらけであるのは当然である、と言うことです。

カンジダ性亀頭包皮炎は薬を使わなければ絶対に治りません。

詳細はこちら >>

 

まとめ

ヤフー知恵袋は悩みをお持ちの方にとっては、無料で手軽に質問できて、自分悩みを解決できる、本当に便利なサイトだと思います。

しかし、上記にも書きました通り、それは両刃の剣です。

それらの回答やアドバイスが必ずしも正しいという保証は全くありません。

それどころかこの記事でも書きましたように『逆効果』の場合すらあるのです。

 

それらの回答やアドバイスは、パッと見いかにも正しい事が書かれています。

今回私がテーマとして挙げている『カンジダ性亀頭包皮炎』についても、同様です。

パッっと見、いかにも真っ当な事が書かれてありました。

しかし実際にカンジダ性亀頭包皮炎を罹った私から言わせれば、『完全に間違い』なのです。

『お風呂でペニスをゴシゴシ洗って綺麗にすれば治る、、、』

カンジダ性亀頭包皮炎は清潔にしているだけでは『絶対に治りません』

詳細はこちら >>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ