シジラック(小林製薬)は四十肩や五十肩に本当に効果があるのか?効果検証、私の体験談

この調査内容はあなたの持っている、下記の疑問を解決するためのものだ。

  • シジラック(小林製薬)は四十肩や五十肩に本当に効果があるのか?
  • 実際にシジラックを服用した人の体験談を読みたい。
  • シジラックのメリット、デメリットは?

 

下記は実際にシジラック(小林製薬)を購入した五十肩でお悩みの男性の方から頂いた真実の口コミ・効果検証体験記です。

シジラック

シジラック

四十肩、五十肩の激痛!終わりの見えない痛みに耐える毎日

私は50代の男性です。仕事は普通のサラリーマンをやっています。

今回はシジラック(小林製薬)という四十肩や五十肩にお悩みの方のための薬(漢方薬)についての体験談を書きたいと思います。

 

歳のせいか半年位前から左肩が痛むようになり、おそらくこれは五十肩だなと思いました。

私も年齢が五十を少し過ぎた所なので、この年代でこのように肩が痛むのはやっぱりそれしかない、と思ったわけです。

 

当初は単に肩にちょっとした違和感を感じる程度だったのですが、そのまま放置しているうちに左肩はだんだんと痛みが増していくようになりました。

そして左肩に違和感を感じ始めてから、痛みは日に日に増してゆきおよそ2ヶ月3ヶ月くらい経った頃でしょうか、ついには左腕を水平からの角度から5度程度ぐらいしか上げることができなくなってしまったのです。

 

また単に左腕が上がらないだけで無く、何かちょっと不意の動作をした時など、例えば歩いていて少しつまづいたりだとか、物を落としそうになって急に腕を動かしたりした場合、強烈な激痛が肩に走るようになりました

 

その激痛は非常に耐え難くかなり激しい痛みを伴うものでした。

前述しましたように何か咄嗟(とっさ)の動作をしたときに左肩にピクンと強烈な痛みが走り、そしてそのまま30秒ぐらい激痛が続きます。

一旦、左肩に痛みが走った時は30秒ぐらいしゃがみこんでじっと我慢していなければいけないほど強い痛みが続きます。

これはほんとツライ。

 

しかしそんなふうに激しい痛みを伴い出したにもかかわらず、私は「五十肩なんて放って置けばそのうち治るだろう」と気軽に構えていました。

 

しかし4ヶ月、5ヶ月と過ぎても肩の痛みは一向に良くなりませんでした。

それどころか以前よりもさらに痛みが激しくなるようにさえ感じていました。

 

当初は先にも書きましたように不意の動作をしたときに肩に激痛が走るだけのものだったのですが、そのうち夜寝ている間も激しい痛みを感じるようになりました

 

寝返りをうった時に左肩が『グキ!』となり強烈な痛みを感じるわけです。

当然その時は目が覚めます。なので夜、熟睡することもできなくなってしまいました。

 

シジラック(小林製薬)との出会い

「何とかこの痛みを直さなければ、このままだと痛くて腕がもげそうだ!」

左肩の痛みは激しくなるばかりで、もうどうにもそのまま放って置くわけにもいかず、ネットでいろいろ探していたところ、この小林製薬のシジラックという薬を見つけたのです。

 

実はこの薬に出会うまでにも、私は様々な五十肩の改善方法を試みました。

今ネットやYouTubeで検索すれば四十肩や五十肩の改善方法をたくさん見つけることができます。

 

例えばYouTubeで『四十肩』や『五十肩』などで検索すれば、それらの症状を緩和するための体操を紹介した動画をたくさん見つけることができます。

 

私はそれらの中からめぼしい動画を見つけては実際に自分でもやってみました。

しかしながら左肩の痛みは一向に改善する様子はありませんでした。

 

それらの動画を紹介しているのはいずれも整体院など専門のプロの先生方なので、おそらくですが継続してやってゆけば効果はあるのだと思います。

しかし根っから飽き性な私は続けることができずに、数回やった位ですぐに辞めてしまう性質(たち)なのです。

なのでおそらくそれではどんなに素晴らしく効果のある体操であっても、意味がないのでしょうね。

 

しかし今回私が見つけたこの薬、シジラックであればそんなめんどくさい体操など一切必要ありません。

飲めば治るというわけですから「こんなに簡単で楽な治療方法は無いな」とその時は明るい希望の光が見えました。

 

シジラックってどんな薬?他の四十肩や五十肩のための市販薬との違いは何?

さて今回、私が試したシジラックのように、市販薬で四十肩や五十肩を治すための薬はいくつか販売されているようです。

実際のところどれが良いのか私にはわかりませんが、このシジラックと言う薬は漢方薬をベースとしており、他の西洋医学をベースとした薬と違って、もしかして体にそれほど負担がないのではないかなと思ったのです。

 

私は漢方薬について西洋医学をベースとした薬と違って副作用も無く、体にはそれほど負担がないものと思っています。

素人考えなので実際のところはどうかは分かりませんが、それが私の漢方薬に対するイメージです。

 

そしてシジラックの説明をみると『四十肩や五十肩の痛みを取り除くだけではなく、原因を取り去っていく効果のあるお薬』と書かれてありました。

 

通常、西洋医学をベースとした薬であればいわゆる対処療法なのだと思います。

つまり体の表面に現れてきた症状(例えば痛みとか肌の表面の傷だとかですね)そういう表面的なものを紛らわすためのものであると思っています。(もちろん素人考えですよ。)

 

なので病気の根本を直すのではなく、表面だけ取り繕(つくろ)うと言いますか、根本原因まで改善できない、、、、ものだと思っているのですね。

でも結局それって単なる問題の先送りで根本的な問題の解決にはなっていないと思うのです。

 

ところがこのシジラックは四十肩や五十肩を根本原因から直すことができると書かれていたのです。

 

私はその言葉にひどく共感しました。そしていくつかある四十肩、五十肩の薬の中からこのシジラックを選んだのです。

 

同じ漢方薬を使ったシジラックの類似商品もあります。

漢方ベースとした四十肩や五十肩の薬はシジラックの他に『肩用ラックル』と言う薬があります。

これも基本は漢方薬をベースとしているのでシジラックと同様の効果が期待できるのだろうな、と思いました。

 

『肩用ラックル』の主な成分はドクカツ、カッコン、マオウ、シャクヤク、ジオウ、ケイヒで、シジラックとほぼ同じ成分が含まれているようです、

 

どちらにしようか迷ったのですが、、、

実は今回、シジラックを購入したのはネットではなく大手ドラッグストアなのです。

 

会社帰りに立ち寄ったその大手ドラッグストアにたまたまシジラックが置いてあったのを見つけたので、それを購入しました。

まぁどちらでも良かったのですがお店に置いてあったので、たまたまそちらを選んだと言うだけのことです。

 

今回私が購入したシジラックや同様の成分を含んだ肩用ラックル以外にも、四十肩や五十肩の薬は色々とあります。

 

先にも書きましたが私は漢方薬に対して好感を持っているのですが、反面、西洋医学をベースにした薬や健康食品はあまり信用していません。

それらは西洋医学をベースにした単なる痛み止めのような薬であったり、あるいは関節に良い成分を摂取して関節痛を改善する、いわゆる健康補助食品のようなものです。

しかし私は西洋医学をベースとした薬については前述しました通り一時的に痛みをを抑えるだけのものだと思っていますし、また副作用の問題もあると思います。

そして健康補助食品についてはそもそもそれほど効果は無いものと思っています。

まぁそれは私の過去の経験からそのように思っているだけですけどね。実際のところはどうかわかりません。

 

シジラックの口コミ、評判について

このシジラックの口コミについてネットで調べましたが、正直それほど参考になるものはありませんでした。

業者が自社の商品を売るために自作自演で作ったような口コミならば多少はありましたが、当然そのような口コミは何ら参考にはなりません。

実際にこの薬を使った方の口コミがあればなぁと思って、ネット上をいろいろと検索して調べましたが残念ながら参考になるような口コミは見つけることができませんでした。

 

シジラックを購入。2箱で3000円程度の出費になります。

さて先にも書きましたが私はこのシジラックをネットで見つけましたが、購入したのは某大手ドラッグストアです。

たまたま会社帰りにその薬局に入ってシジラックがあるのを見つけたので購入しました。

 

シジラックの梱包箱を見ると1箱で1週間分の錠剤が入っているとのこと。

そしてこれはネットのシジラックの商品説明欄に記載されていたのですが「最低でも2週間試してください」と記載されていたのです。

なので最低でも2箱は購入する必要があるということです。

しかし最初はとりあえずは1袋だけ買って試しに飲んでみることにしました。

しかしやはり一週間では効果が現れなかったため、追加でもう一箱購入しました。

シジラックは1袋の値段はおよそ1,500円なので二箱で3000円程度の出費になります。これが高いか安いかそれは結果次第と言う事ですが、、、。

 

シジラックを2週間服用!私の五十肩に効果があったのか!?結果発表!!

さて実際にシジラックを2週間、服用してみて私の五十肩に効果があったのか、ということですが。

結果的には効果はありませんでした

 

シジラックは先にも書きましたように1箱で1週間分(合計28錠)の錠剤が入っています。

一回4錠ずつ、それを毎日三食ごとに飲みます。

 

私は今までの人生で薬を服用する際、その説明書き通りに飲んだためしがありません。

たいてい飲んで多少効果が現れ始めた頃に、自分で勝手に判断して飲む薬の量を減らしたり、薬を飲むのをやめてしまったりするのです。

それがいいか悪いか別問題として、私としてはもう効果が出たのだから飲む必要はないだろう、という自己判断でそうしていたわけですね。

 

なのでシジラックの場合も効果が出たら飲む量減らすか、早めに飲むのをやめようと思っていたのですが、

結局のところ説明書に書かれてある通り『1回4錠を1日3回そして最低2週間継続して飲む』を最後まで忠実に守りました。

 

なぜならシジラックの場合、飲めども飲めども全く効果が現れなかったからです。

 

説明書き通り2週間飲みきれば、もしか最終的に効果が出るのじゃないかと思い、忠実に最後まで飲み続けていたのですが、結局、2週間飲み続けてもなんら体調に変化はありませんでした

 

私の左肩は相変わらず激痛が走り、夜は寝返りを打つたびに痛みで目が覚め、とっさの動作をするとうずくまって痛みを堪える、という以前と全く変わらない日々が続いたのです。

 

確かにシジラックを一番最初に飲んだ時には「なんだか左肩が少し楽になったような気がするぞ」と感じたのは事実です。

しかしそれは所詮、単なるプラシーボ効果だったのでしょう。

 

ちなみにプラシーボ効果とは、例えばビタミン剤を「これは風邪薬ですよ」と医者から言われて飲んだ場合、本来、風邪薬ではないわけですから風邪に効くはずがありませんよね。

しかし飲んだ本人はそれを風邪薬と信じて飲んでいるので、実際に風邪が治ってしまうことがある、、、そういう暗示効果のことです。

まとめ:シジラックを購入して感じた、私にとってのメリット、デメリット

(メリット)

  • 漢方薬なので副作用の心配がない。体には優しいと思う。あくまで個人的な意見です。
  • 飲みやすい錠剤タイプ。変なにおいや味は全くしない。
  • 1箱1週間分で1,500円程度なのでそれほど値段は高くない。

(デメリット)

  • 全く効果がなかった。

 

これからシジラックを購入しようと思っているあなたへのメッセージ

シジラックは漢方薬をベースにした薬であるということで、体に負担も少なく私としては非常に良い印象を持っていました。

この薬のコンセプトである四十肩や五十肩の根本原因から直していくというコンセプトも非常に気に入りました。

 

しかし実際のところ2週間服用しても全く効果は感じられませんでした。

説明書きに書かれてある通り、1回4錠、1日3回をまじめに守り、2週間欠かさず飲みましたが、それでもまったく効果は感じられませんでした。

 

いくら漢方薬であっても、薬のコンセプトが気に入ったとしても、効果がなければ正直全く意味がないなと思いました。

 

もちろんこれは私の体験談です。

なので他の人がどうなのかは私にはわかりません。

もしかするとこの薬で四十肩や五十肩がきっちり治る方もおられるのかもしれません。

 

いや、きっとそういう方もおられるに違いありません。

だからこそこのような薬が大手ドラッグストアに並べてあるのだと思います。

誰にとっても全く効果が無いものを、そんなところで販売する事は、この日本では考えられないのではないでしょうか?

誰にとっても全く効果が無いものを、どうどうと店頭で販売できるほど日本の薬事法はデタラメでは無いと思います。(もちろん個人的な感想です。実際ののところは知りません)

 

ですので今回私からのアドバイスは、シジラックは必ずしもすべての人に効果があるものではありません。

ですが、もしかしたらあなたの場合には効果があるかもしれない、と言うことになります。

大変中途半端な結論ですがご参考になれば幸いです。

 

追記

追記です。

私はその後、ある方法を使って自身の四十肩、五十肩を治すことに成功しました。

私はどうやって四十肩、五十肩を治したのか!?

その答えは下記の続編をご覧ください。

四十肩、五十肩の治し方。一切お金をかけずに簡単に速攻で治す方法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ