銀行の利息に税金をかけさせない方法

この調査内容はあなたの持っている、下記の疑問を解決するためのものだ。

  • 銀行の定期預金の利息にかかる税金を取られないようにする方法は無いのか?
  • 合法的に利息分の税金を払わないで済む方法を知りたい

 

こんにちは、口コミ探偵のクチタンです。
今日は『銀行の利息に税金をかけさせない方法』についての口コミをご紹介します。

利息と税金

銀行の定期預金の利息にかけられる税金(国税15% +地方税5%)を取られないようにする方法があるとしたら知りたいと思いませんか?

銀行の定期預金にお金を預けても、今や利息(金利)は0.1%もつかない場合が多いようです。
しかしそんなわずかな利息にさえ国からの税金(国税15% +地方税5%)は自動的に搾取されます。
ただでさえ少ない利息に、さらにそこから強制的に20%も税金を取られるのは本当に納得できない、と言う方は多いのではないでしょうか。

しかしある方法を使えば、銀行の利息から税金を取られないで済むのです。
合法的に税金を節約する方法について知りたい方は下記をお読みください。

 

銀行の利息に税金をかけさせない方法

例えば10万円を銀行の定期預金に預けたとしても、金利が0.1%であればその利息はたったの100円です。

しかしその100円からさらに税金として20%(20円)が差し引かれるわけです。

そして手元に残るのはたったの80円、、、。

 

これではあまりにも酷(ひど)すぎると思いませんか、、、。

少ない金利からさらに税金をむしり取る…「エゲツない!ひどすぎる!」と思うのは私だけではないと思います。

「そこまで税金を取られるのは納得できないから払いたくない!」と言っても無駄です。

なんせ税金は自動的に口座から差し引かれますので、、、汗。

 

そこで今回ご紹介する裏技の登場です。

この方法を使えば、国から利息に対しての税金20%を引かれないで済むのです。

 

税金が取れないぐらいに利息が安ければ税金は取れません

先ほど10万円を預けると0.1%の金利で100円の利息が付くというお話をしました。

100円の利息が付いてしまうと、そこから自動的に20円(国税15% +地方税5%)の税金が差し引かれてしまいます。

 

これはどうしようもありません。

自動的に口座から差し引かれるので止めようがありません。

 

しかし仮に利息が5円だった場合どうなるか、、、

5円に対して税金を計算した場合、

国税15% = 0.75円

地方税15% = 0.25円

となりいずれも税金は小数点以下となります。

税金の計算は小数点以下になった場合、基本的に『切り捨て』となりますので、この場合税金はゼロ円と言うことになるのです。

 

だとしたら、

10万円を金利0.1%の定期預金で預ける場合に、一口5,000円の定期預金を20口に分けて預けた場合、

それぞれの口座で得られる利息は5円となるので、先にご説明した通り国税、地方税共に小数点以下、切り捨てとなり税金はゼロとなります。

それが20口あるわけですからトータルでも税金はゼロ円となる、というわけです。

 

これを応用すれば仮に100万円以上銀行に預ける場合でも、口座を分ければ無税で利息を受け取ることができることになります

今回ご紹介したこの裏技を実際にやるかどうかは別として理論的にはそういうことが可能なのです。

私自身、実際にこの方法を試してはいないので、果たしてそんな低額の定期預金口座を大量に作ることができるのかどうかはわかりません。

もし、なんとしても『預金の利息分に税金をかけられたくない』と言う方は一度銀行に行って大量に定期預金の口座を組むことが可能かどうか聞いてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

利息が5円以下になるように複数の口座に分けて預金すれば、税金は全くかかりません(※ あくまで机上の空論です。実際に可能かどうかは自己責任でお願いします)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ