今住んでいる賃貸の家賃をもっと安くする方法

この調査内容はあなたの持っている、下記の疑問を解決するためのものだ。

  • 今住んでいる賃貸の家賃をもっと安くできないかな?
  • どうすれば家賃を安くできるのか?

 

こんにちは、口コミ探偵のクチタンです。
今日は『今住んでいる賃貸の家賃をもっと安くする方法』についての口コミをご紹介します。

賃貸の家賃

今住んでいる賃貸の家賃をもっと安くしたい!

賃貸に住まわれている方は毎月の家賃の支払いが大変だと思います。
毎月の出費の中で最も大きな割合を占めているのが『家賃』という方も多いでしょう。
家電製品を買ったり、洋服を買ったりしても、それは一時的な出費で済みます。
しかし、家賃は毎月ですからね。収入があろうが無かろうが、毎月支払う必要があります。

ある程度の収入が途切れることなく安定してある方であれば良いのですが、このご時世なかなかそう安定した収入が保障されると言うものでもありません。
会社はリストラが当然、個人で商売をしていても浮き沈みは必ずあるものです。
そんな中、毎月の家賃が多少でも安くなれば嬉しいと思いませんか?

今住んでいる賃貸の家賃を少しでも安くしたい、という方は引き続き下記をご覧ください。

 

今住んでいる賃貸の家賃をもっと安くする方法

その方法とはズバリ『大家と値下げ交渉をする』です。

その際にまず一つ押さえておかなければいけないポイントは、あなたが今現在お住まいの賃貸物件に空室があるかどうかと言うことです。

空室がなくすべての部屋が入居者で埋まっている状態であるならな、この方法は使えません。

 

しかしもし空室があるならばチャンスです。

特に引っ越しシーズンである3月から5月を過ぎて、夏ごろにまだ空室があると言う場合はチャンスです。

 

それはなぜか…

春の引っ越しシーズンを過ぎて夏になっても空室があると言う事は、その空室は来年の引っ越しシーズンが来るまで空室のままである可能性がかなり高いと言うことです。

大家にとってそれがかなり頭の痛いことである事は想像するに容易いでしょう。

 

何せ賃貸物件の場合、空室にしていても家賃は一切入ってこないのですから。

しかし賃貸物件の管理に係る経費は確実に出てゆます。

固定資産税、修繕費、そしてもしかその賃貸物件がローンで購入したものであるなら月々の支払いもあるでしょう。

 

なので大家としては、多少値段を下げても構わないので、1日でも早く入居者を入れたいと言うのが本音なのです。

なのでその大家の焦る心理を突いて、あなたは家賃の値下げ交渉をすればいいのです。

 

世の中は常に需要と供給で成り立っています

「でも大家に値下げ交渉するなんて、一般的にはあまりそんなことしないよなぁ?」

「常識外れじゃないか?」

そんなふうに思われるかもしれませんが、それはあなたの思い込みです。

常識外れなのは家賃が下がらない方なのです。

  • 欲しい人よりも商品が多くダブついていればその商品の値段は必ず下がります。
  • 逆に欲しい人よりも商品が少なく、欲しい人すべてに商品が行き渡らない場合、値段は必ず上がります。

 

これは誰が決めたわけでもなく、自然の摂理というか、古今東西世界のルール、これこそが常識なのです。

ですので、もしかあなたがお住まいの賃貸物件に空室がある場合、

欲しい人よりも商品(この場合は賃貸物件の空室)の方が多い、ダブついていると言うことなので、需要と供給の経済の絶対法則が働き、値段は下がらなければおかしいのです。

 

わかりますか?

値段が下がらないほうがおかしいのです。

なのであなたは堂々と大家と値下げ交渉すべきなのです。

 

もちろん大家は値下げなどしたいはずはありません。

「そんなの無理です」と一蹴をされるかもしれません。

しかし無理を言っているのは大家の方なのです。

 

もちろんこちらが値下げ交渉を持ちかけて、このような需要と共有の原理原則についての理屈を並べたところで大家は納得しないかもしれません。

しかし実際のところ、すでに空室がいくつかあるのであれば、大家としても「今入ってる入居者にまで出ていかれてはそれこそ大変、なんとしても避けたい」と思っているはずです。

ですのでこちらがうまく交渉すれば、大家も値下げ交渉に乗ってくる可能性は大です。

 

大家と交渉する際のコツ

大家と交渉する際の大切なポイントは『相手を怒らせるような言い方は厳禁』ということです。

いくらこちらに値下げに有利な条件が揃っていたとしても、相手も人間ですので、相手の感情を逆なでするような言い方はNGです。

例えば

  • 「空室がたくさんあるくせに値段を下げるのが当然だ」
  • 「他の物件ならもっと安いのに、ここはなんでこんなに高いんだ」

というような、あまり高飛車に話をしては相手も怒ってしまい「それならそっちに移ればいいじゃないか」と売り言葉に買い言葉となり交渉決裂する可能性は高いでしょう。

そのような状況はお互いにとって、得策ではありませんので相手の機嫌を損ねないようにうまく交渉する必要があります。

 

例えば、下記のような交渉の仕方であれば相手も『仕方ないな』と納得する可能性は高いでしょう。

  • 「最近収入が減ったので他のもっと家賃の安いところに変わろうかと思ってるのだけど、ここ気に入ってるからできればこのままここで住みたいのだけど、なんとか家賃下げてもらえないでしょうか?」
  • 「近頃物価が上がっちゃって、私の給料だとなかなか生活も大変なんです。もっと家賃の安いところに移ろうかと考えてるんだけど引っ越しも大変だし、なんとか家賃を少しでも安くしてもらえないかな?」
  • 「最近、親が高齢で施設に入っちゃってね。毎月施設に払うお金が大変なんですよ。自分の親だから、こればっかりは見捨てるわけにいかなくて。なんとか家賃下げてもらえませんか?」

と、あくまで丁寧に下手に出るような感じで交渉すると良いでしょう。

それと、今、住んでいるこの賃貸はとても気に入ってるけど、自分の収入ではここの家賃は少し苦しいので他に変わろうかと考えている、ということを少し匂わすのもコツです。

 

とにかく交渉事は相手を怒らせてしまってはお互いにとって何のメリットもありません。

大家と店子、お互いにとってwin winの関係を築けるようにうまく値下げ交渉してみてくださいね。

 

ここで1つ注意点があります

言うまでもなく、この方法はあくまで需要が供給を下回った場合、つまり部屋に空室がある場合のみ使える方法だということです。

逆にあなたの住んでいる地域が人気のある地域で、かつ、あなたの住んでいる賃貸物件が満室で常に入りたい人が順番待ちの状態と言う場合、、、、

逆にあなたは大家から家賃のアップを要求される可能性があります。

 

前述しました通り、これも需要と供給のバランスです。

商品の数より欲しい人の数が多い場合値段は必ず上がります。

その場合はいくら値下げ交渉しても大家が値下げに応じてくれる可能性は限りなくゼロに近いので諦めるしか仕方がないでしょう。

 

まとめ

夏頃になっても空室がある賃貸物件は、交渉次第では家賃を下げることができる。

ただしあくまで低姿勢で相手を怒らせるような交渉の仕方は避けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ